徒然日記

3月10日 その2027『逢坂誠二の徒然日記』





夜明け前の那覇、空には雲がないようだ。



気温はもう既に19度…、

日中は今日も25度になる見込みだ。



日の出は6時30分頃。



根室とは、1時間も遅い夜明けだ。



時差1時間といえば経度で15度もの差だ。







1)自治セミナー

昨日は、古くから付き合いのある沖縄の皆さんが主催する

「自治セミナー」で朝から晩まで、

12時間以上に渡って話をさせて頂いた。





====



セミナーは、



・民主党政権の3年3ヶ月



・政治とは何か



・日本をどう捉えるか



などをテーマとする三部構成。



さらに4時間以上に渡る怒涛の懇親会。



これだけ時間が長いと、

参加下さる皆さんも、中だるみというか、

集中力の欠ける場面があるのだが、

昨日は、そんなこともなく、最初から最後まで、

参加者全員が全速力で駆け抜ける

信じられないセミナーだった。



那覇から400キロ近くも離れた

大東島や多良間島からの参加者に加え、

偶然、沖縄に滞在中の青森や茨城の学生さんも含め、

70名もの参加があった。



当初、少人数で密度濃く話を聞きたいと伺っていたが、

私の予想を超える参加者数で、何とも驚いた。



こうした大人数が参加する背景について、

沖縄の皆さんは、逢坂さんに人気があるからと

持ち上げてくれるが、それは真実ではない。



沖縄の皆さんの長く地道な、

自主的な自治研究の取り組み、

それがあるから、こうした勉強会が成り立つのだ。



参加者の皆さんは、こうした話を聞き慣れている。



だから話す私の方も、非常にやり易いのだ。



====



沖縄には、本州や北海道とは違った、

様々な課題が多い。



しかし、自治に対する、

こうした熱く粘り強い活動があれば、

必ずその困難さを乗り越えられるものと思う。



私も微力ながら、その沖縄の取り組みに対して、

少しでも力になることができればと思っている。



主催された皆さん、参加された皆さんをはじめ、

多くの関係者の皆さんに心から感謝したい。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・3・10 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です