徒然日記

3月11日 その2028『逢坂誠二の徒然日記』





3.11東日本大震災からまる2年目の朝を迎えた。



死者1万5881人。



行方不明者は、今も2668人に上る。



仮設住宅などで約31万人が避難生活を続けている。



原発事故の影響で非難を続けている方々の中には、

今後まだ4年以上も元の自治体に帰還できない、

そんな状況にも追い込まれている方々もいる。



原発事故は、収束という状態には程遠く、

今後、どれほどの対応が必要になるのか、

気の遠くなるほどの命の危機と莫大な費用を要する。



いやそれらの対策を講じても、

使用済み核燃料の処理を含め、

原発事故の恐怖から脱却できるかどうか、

真の見通しは立っていない。



あれから2年が経過し、

未だに科学技術だけに頼ろうとする場面が多い現状を見ていると、

日本の社会の思慮分別の足りなさを感じている。



科学技術を否定するつもりは毛頭ない。



だが科学技術だけでは乗り越えられない、

もっと深遠な現実が目の前に広がっている。



====



今日も那覇滞在中だ。



自治セミナーで来沖した機会を利用し、

もう少し沖縄に滞在しながら

辺野古などを見たいと思っている。



昨日の最高気温は26度だった。



今日は少し低めだがそれでも23度だ。



北海道の暴風雪が信じられない状況だが、

常に想像力を研ぎ澄ませておかねばならない。







さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・3・11 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です