徒然日記

3月17日 その2034『逢坂誠二の徒然日記』





昨日は、民主党北海道定期大会があったため、

昼ごろに札幌入りし、

今朝は、札幌で朝を迎えた。



空には雲があるが、晴れの天気となる見込みだ。







1)定期大会

昨日の定期大会で、

民主党北海道の副代表に選任された。



副代表就任の要請があったが、

正直なところ就任に躊躇した。



民主党北海道結党以来の危機とも言える状況だ。



私自身も、落選中であり、

一日も早い国政復帰に向け、

私自身の活動を充実させねばならない。



そんな中で、党の再生に向け、

私が何を果たすべきなのか、

何ができるのか…、

そんな迷いが私にはあった。



今の自公政権の人気は高い。



しかし、

競争と強者による上意下達的な

配分政治に全ての国民が

納得しているわけではない。


憲法やTPPの問題も然りだ。



逆に、

適度な競争と自立を前提とする共生社会で、

プラスもマイナスも分かち合う政治を求める声も多い。



今の自公の政策とは違う民意を受け止める

政治勢力はどうしても必要だ。



私は、以前から、

この自公とは違う民意を受け止める、

その政治の塊を作って行く作業が必要だと、

改めて認識している。



今回の副代表には、

民主党北海道のためではなく、

国民のために、

この新たな政治の塊を作るための作業と位置付けて、を

就任することにした。



8区管内はもとより、

多くの皆さんとの対話を通して、

自公政治ではない受け皿の強化をすることが、

民主党北海道の再生に繋がって行くものと思う。







今日は、

8区常任幹事会や

参院選挙に向けた8区合同選対立ち上げのため、

朝一番の飛行機で帰函する。



函館の朝の気温は氷点下5度程度だが、

日中はプラス6度位になるようだ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

     2013・3・17 Seiji Ohsaka


=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 副代表就任おめでとうございます。

    北海道のために、日本のために、先頭にたって旗振りをお願いしたいと思います。

    逢坂さんの云われる『適度な競争と自立を前提とする共生社会で、プラスもマイナスも分かち合う政治』に期待するひとりです。

    北☆北海道に足を運ぶ機会には、多くの方とそのお話をお聞きしたいと胸を弾ませています。  頓首

  2. 副代表ご就任、おめでとうございます!
    ご自身の事はもちろんですが、常に【民意】を考えて行動してくださる
    逢坂さんだからこそのお立場だと思います。

    民主党政権時代に国民がモノを言えたのは、
    国民が自ら考え、政治にモノを言える【真の民主主義】を作ろうとした
    民主党だったからこそです。

    ある一人の主婦から「次は、逢坂さんに入って欲しい。」という
    言葉を頂戴しています。応援しています!

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です