徒然日記

1月16日 その1275『逢坂誠二の徒然日記』



函館は雲の少ない、明るい朝を迎えました。

もちろん気温は低く、昨夜から今朝も氷点下10度を下回っていました。昨夜、
コートのボタンを締め、首元にはマフラーをしっかりと巻きつけて帰宅したので
すが、歩いていると肩から冷気が体に凍みこんで、体が凍りつくほどの寒さでし
た。

でも今日の日中は、久々に氷点下を上回るとか…。

1)8区常任幹事会
今年初めての8区常任幹事会を、昨日、開催しています。

私から、改造菅内閣に対する考え方、政権の覚悟などについて話をしています。
その後、統一自治体選挙に向けた意見交換などを行っています。

2)自治体からの要望
この時期になると特別交付税の要望が急増します。

今年は特に雪害に関する要望が増えそうな雰囲気を感じます。

特別交付税は不透明との指摘を受けることが少なくありません。昨年も原口前大
臣のもと、透明度を高める取り組み行っていますが、本年もさらに進化できるよ
う努力しなければなりません。

3)水産関係者との意見交換
スケトウTACについて、漁連など関係者と意見交換をしています。

浜では、たくさんの魚群が見えているのに、TACによる漁獲上限枠があって漁が
できない。さらに漁師の経済状態が悪化している。

明日さらに、関係機関とこの問題について議論する予定です。

4)高橋亨道議事務所開き
高橋亨道議が事務所開きを行っています。

高橋亨道議は、医療福祉、さらに一次産業も含めた政策通です。粘り強く地元歩
きをする方でもあります。

昨日は、多くの関係者の皆さんとともに、決戦に向かって、心合わせをしまし
た。

5)薬剤師会新年交礼会
昨日、函館薬剤師会の新年交礼会に出席しています。熊川会長をはじめ薬剤師会
の皆さんには、言葉にならないほどお世話になっています。

挨拶の中で、今年は、是非、どこかの薬局で、実務研修をしたいと、お願いをし
ました。

6)北斗市新春の集い
昨夜、北斗市で、私の後援会が主催する新年の集いが開かれました。

現在、民主党政権に極めて厳しい風が吹いていますが、高谷市長、長尾道議、海
老澤前市長、小泉議長をはじめ、農業、漁業、福祉など各種団体の幹部の皆さん
など、そうそうたる面々、たくさんの方々に出席頂きました。

冒頭、高谷市長、長尾道議、海老澤前市長から挨拶を受けています。皆さんか
ら、重く受け止めねばならない、政権に対する相当に厳しい指摘を頂きました。
しかし、こうした厳しい世論の暴風雪の中にもかかわらず、多くの方々におこし
頂いたこと、心から嬉しく思った次第です。

私から、このことに対する感謝の気持ちを伝えるとともに、改めて政権交代の意
義と決意を述べさせて頂きました。また幾つかの政策についても言及しました。

厳しい中であっても、「逢坂、頑張れ!!」と、支援くださる皆さんの温かい思
いをしっかりと胸に刻んで、日本国を立て直すため、強い決意で進むことを皆さ
んとともに改めて確認しています。

感謝、感謝、感涙の集いに、準備くださった皆さんをはじめ、全ての方にお礼申
しあげます。

7)地域自主戦略交付金
ひも付き補助金を廃止し、一括交付金化した地域自主戦略交付金制度を来年度か
ら実施するための作業が、事務レベルで精力的に進められています。

この仕組みに対して期待も高いのですが、新しいものであるだけに色々な不安や
疑問点が寄せらるのも当然です。しかも、全く新規に制度をスタートできるわけ
ではありません。予算総額の制約の中で、継続性にも配慮しながら新制度と導入
しますので、不都合があることを認識しつつ、制度を育てる、進化させるという
姿勢が重要です。

====

初年度は、継続事業に基づいて9割、客観基準に基づいて1割を予算配分する予
定です。これはあくまでも配分基準であることに留意が必要です。つまり実際の
予算使用は、この配分基準に縛られることなく、各自治体で、新規、継続に関わ
らず、提示メニューの範囲で自由に決められるのです。

こうしたことも今後、丁寧に説明して参ります。

====

本日は、昨夜の北斗市に続き、せたな町で新春の集いが開催されます。

今日も、しっかりと前進します。
=============
   2011・1・16 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です