徒然日記

11月29日 その2290『逢坂誠二の徒然日記』





昨夜は札幌市内で、
今回の訪問を支援頂いた皆さんに
ドイツ訪問などの報告をしている。

日本の原子力を取り巻く情勢は、
フクシマ後も、変化が無い。

とても重苦しい気分になる。

だがドイツの状況などを報告すると、
日本の進むべき道も見えてくるし、
重苦しさを跳ね除ける希望を感ずることもできる。

諦めずに粘り強く、したたかに進むしかない。

====

安倍総理が、この日本をどんな国にしたいのか、
その雰囲気がこの秋になって、一気に明らかになってきた。

もちろん、その目指す姿は、
以前から明らかではあったが、
多くの国民の皆さんには、伝わり難いものだった。

特定秘密保護法案、NSC法などの議論を通して、
より一層、その姿が明らかになっている。

個人よりも国家が優先する。

これが安倍さんが目指している一つの方向だ。

今日は早朝から函館に移動開始だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

         2013・11・28
=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です