徒然日記

12月12日 その2303『逢坂誠二の徒然日記』

なかなか抜け出せなかった風邪…、
やっと症状が和らいできた。

あと一息で、何とか完治が見えてきたが、
抵抗力、治癒力が落ちている。

1)国民主権が崩壊する
たった一年でこんなにも変化するのか。

昨年の総選挙以降、政治状況が激変している。

====

特定秘密保護法

集団的自衛権

共謀罪

安保戦略と愛国心、
さらに武器輸出緩和

原発推進

教育員会への首長の関与強化

教科書検定への国の関与

TPP

====

これまで語られることの少なかった政策が、
どんどんと進む気配だ。

そしてこれらの内容は、
ほとんど国民に伝わっていない。

これら個別の内容以上に国民に伝わっていないのは、
これら政策全体が目指す国の姿が、
それは全くと言って良いほど、
国民には理解されていない。

これは極めて恐ろしいことだ。

本来、政治家は国の大きなあり方を明示し、
それを実現するためには、個別政策をどうすべきか、
この両方を国民に問いかけるべきものだ。

しかし、この一年は、国家のあり方も、
個別政策も、国民に伝わっているとは言い難い。

こんな状況の中で、
国家の大きな変化が進もうとしている。

====

国民主権はいったいどこに行ったのだろうか。

しかし、安倍政権が目指す国家の姿が、
国民主権よりも国家主権を貴ぶものであるとすれば、
この状況は理解できる。

国民の判断以上に、
一部の権力者による国家主義を重視する、
これが安倍総理の目指す国家の姿…。

だとすれば、
国民にものを語る必要はないし、
何も国民の判断を、意見を尊重する必要はない。

まさに特定秘密保護法も原子力推進も、
そうした状況だ。

権力者の都合の良い国家を国民に押し付ける…、
すなわち独裁的な体制が理想なのだろうか。

日本の民主主義、
国民主権がどんどんと崩壊している。

多くの皆さんが、このことに気づいていない、
そのことに言い知れぬ恐怖を感じている。

さあ今日も、しっかりと前進します。

=============

        2013・12・12
=============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/

  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。