徒然日記

5月31日 その1406『逢坂誠二の徒然日記』



黒く厚く雲が広がっていますが、
地平線付近は薄雲。
そこからだけ明るさが見えます。

今日の東京の予報は、雲り時々晴れ、
最高気温は21度程度です。

1)迎合
昨日の忌避政策に関し、
多くの方からご意見を頂きました。

ここ10年余りの政治は、国政、地方政治を問わず、
本心は違ったところにあるのかも知れませんが、
その意思決定のプロセス、さらに結果は、
国民に対して迎合的になっているのではと、
改めて感ずる意見が多く寄せられました。

きっとそうなのだと思います。

襟を正さねばなりません。

2)合併特例債
昨日の衆院復興特委で、
被災自治体の合併特例債期限を延長すべきとの質問がありました。

====

・合併自治体の事情は様々であり、その実態を良く聞く
・その上で、ご指摘のようなことが必要かどうか検討
・必要があるなら、期限は法規定のため、国会にも相談

====

こんな内容の答弁をしています。

被災地の合併自治体では、
合併自治体ならではの様々なことが発生しており、
それらに対して、丁寧な対応が必要になっています。

今日は朝から会合があるため、
日記はこれで終了します。

さあ今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・5・31 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です