徒然日記

5月25日 その2467『逢坂誠二の徒然日記』





昨日は、函館市内で、二つの会合に出席し
た後、街宣を行った。

その後、札幌市に移動し、会議、講演、さらに薬学大会に出席。

密度の濃い一日だった。

今日は、朝の内に帰函し、
密度濃くスケジュールが詰まっている。

心を強くして頑張らねば。

1)先祖返り
今日の朝刊を見て、改めて驚きを禁じ得ない。

====

中国軍機が、自衛隊機と異常接近。

安保法制15事例提示。

対ロ制裁、領土交渉に支障。

====

いつの時代の新聞に戻ったのだろうか。

安全保障のジレンマというものがある。

片方が安保体制を強化すれば、もう一方がさらに安保を強化し、
結局は、安保強化合戦になり、平和とは程遠い状態になることだ。

安倍総理の行為はそれに近いのではないか。

一たびこうした状況に陥ると、
そこから抜け出すのは難しい。

勇ましい言動は一見正しそうに思われるが、
安倍政権の罪は、限りなく深い。

そう思わざるを得ない。

今日も、しっかりと前進します。

============
        2014・5・25
============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。