徒然日記

5月26日 その2468『逢坂誠二の徒然日記』





函館は曇の多い朝を迎えた。

気温も9度程度と肌寒さを感ずる。

夕方から夜にかけて雨になる見込みだ。

1)後援会総会
昨日、私の連合後援会の総会が、
函館市内のホテルで開催された。

日曜日の貴重な時間に、
管内各地から大勢の皆さんに出席頂いた。

各地区後援会の皆さんからは、
今後の後援会活動のあり方について、
さまざまなご提言を頂いた。

地域の皆さんと小まめに接点を持つことの重要さや、
そのやり方などについても、具体的な提案があった。

実に有り難いことで、心から感謝している。

====

総会の冒頭に、私から、
今の政治情勢について話をさせて頂いた。

特に解釈による憲法改正は、多くの皆さんに、
深刻で重大な事態であることが、
多少は伝わったのではないかと思う。

一方、各地を歩いていると次のような声もある。


テレビなどで解釈改憲のことを報じているが難しくて分からない


解釈改憲が、とんでもないことであることは理解するが、
選挙もないし、一般市民として、
どう行動すればよいのか分からない

====

いずれも重要な指摘だ。

今の日本を取り巻く状況をより分かり易く、
皆さんに伝える努力をしなければならない。

さらにどう具体的に行動すべきかも、
それにあわせて伝える必要がある。

このとんでもない状況を
何としても阻止しなければならない。

====

今日から3日間は、
知内、福島、松前方面を泊まり込みで歩く予定だ。

そのため昨日の後援会総会に出席頂いた皆さんには、
直接、お礼に伺うことができないが、
ご容赦頂きたい。

2)五稜郭バル
昨夜は、会合もなく完全オフの予定だったが、
いつもお世話になっている知人に
五稜郭バルに誘われ、初参加した。

西部地区のバルは、20回を超える、
いわゆる老舗バルだが、
五稜郭バルは2度目の開催だ。

参加者も西部地区に比べると少ない。

しかし昨日は、
多くの皆さんが五稜郭地区をそぞろ歩き、
各自が思い思いの店に吸い込まれていく風景が
あちこちで見られる。

通常の日曜の夜では、見られない光景だ。

私たちも午後6時から9時までの3時間で、
五軒の店を回らせて頂いた。

そのうち四軒は、初めてお邪魔する店だった。

バルには、
多くの皆さんと気軽に触れ合えること、
行ったことのない店にも気軽に入ることができることなど、
様々なメリットがある。

主催する皆さん、参加店の皆さんには、
色々と苦労も多いと思うが、
楽しいバルの継続を期待したいと思う。

今日も、しっかりと前進します。

============
        2014・5・26
============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です