徒然日記

6月1日 その2474『逢坂誠二の徒然日記』





6月に入った。

昨日も、全国的に気温の高い状態が続いた。

今日は、早朝から札幌に移動し、
11時からの福祉関係の集いに参加し、
夕方には帰函する。

1)熱中症
昨日は、全国で250人もの方が、
熱中症で病院に運ばれたという。

さらにビニールハウス内で農作業中の方など二人が、
熱中症のため亡くなっている。

今日も、小まめな水分補給や暑さ対策が必要だ。

特に高齢者の方々には、
万全な備えが必要になっている。

2)90歳
昨日、空襲体験のある90歳の方と話をした。

今の日本の状態が、
どんどんおかしくなっていることを感ずるという。

武力行使など勇ましい話が多いが、
武力では何も物事は解決しない。

70年前のあの悲惨な状態に、
引き戻してはならないと力説をしていた。

全く同感だ。

原子力だって、何も解決していないのに、
被爆国日本が、それを輸出するのもおかしいと言う。

こうした発言が、
私には正論だと確信するが、
今の日本では、これが正論にならないおそれがある。

他者の痛みを知り、歴史に学ぶことができる日本、
そんな感覚、感性を取り戻さねばならない。

今朝は、短めの日記後、移動開始だ。

今日も、しっかりと前進します。

============
        2014・6・1
============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. こんにちは。

     「こうした発言が、
      私には正論だと確信するが、
      今の日本では、これが正論にならないおそれがある。

      他者の痛みを知り、歴史に学ぶことができる日本、
      そんな感覚、感性を取り戻さねばならない」

    たしかに、そうなりそうdす。

    学校、社会での教育の問題が大きいように思います。
    特にマスコミ人が最悪です。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。