徒然日記

6月18日 その2491『逢坂誠二の徒然日記』





連日、同じ言葉で朝が始まっている。

今朝の函館も雲が多い。

連日、雨量がそれほど多いわけではないが、
ほぼ毎日、雨も降っている。

今日も終日曇り。

予想最高気温は21度。

もっとすっきりして欲しいのだが…。

1)戦争しないで…
昨朝、函館駅前で、マイクをもって話していると、
一人の女性が近づいてきた。

「お願いします。お願いします」

何度も繰り返して「お願いします」と言う。

杖をついた腰のまがった、
見た感じは80歳を超えるような方だ。

お願いしますを繰り返したのち、

「戦争しないで…」

と消え入るような声で話され、
ゆっくりと立ち去った。

今の日本の状況が、経験深い彼女の目には、
戦争に向かっている、そう見えるのだと思う。

こうした声をしっかりと受け止めなければならない。

2)解釈改憲
こんな声がある中でも、
安倍総理の解釈改憲は、猛烈な勢いで進む。

そして戦後日本の平和主義が大きく歪められようとしている。

戦後日本が積み上げてきた武力によらない平和の実現、
その実績が一瞬にして消え去ってしまう。

====

政府自民党は、憲法の解釈を変え
集団的自衛権の行使を容認するための閣議決定について、
来週にも行う方向で公明党と日程調整に入ったと報じられている。

なぜこんなに急ぐのか。

今国会がその期限になる理由は何もない。

====

閣議決定の原案は問題だらけだ。

以前も書いたが、
集団的自衛権を使うための要件として

「国民の生命、自由及び幸福追求の権利が
根底から覆されるおそれがあること」

となっている。

「おそれ」という文言は、どんどん拡大解釈が可能だ。

「国際法上は集団的自衛権が根拠となる」

との記述もある。

確かに国際法で認められていることは事実だが、
憲法9条との関係には何の言及もない。

====

個別の事例で、自衛権行使の可否を議論しているが、
大切なのは、日本の平和主義を転換させて良いのかと言う、
大ぶりの議論だ。

なぜこんな初歩的なことが安倍総理には理解できないのだろうか。

国会の議論も、国民の議論も封印して、
猛進する安倍総理には、独裁者の烙印がふさわしい。

====

私たち国民は決してこのような
『積極的自衛策』の口実に眩惑されてはなりません。
積極的自衛策どころか、
かえって国民を自滅の危殆(きたい)(危険)に
陥らしめる結果となるでしょう。

====

これは一昨日、北海道新聞に紹介された、
1918年の与謝野晶子の文章だ。

日本が1945年の敗戦に向かって
暗黒の時代に入る頃のことだ。

「積極的自衛策」を「積極的平和主義」に置き換えれば、
まさに今の時代の文章になる。

積極的平和主義が、
国民を危険に陥らしめることになるのだ。

====

何としても安倍総理の暴走を止めねばならない。

3)ネットでの情報発信
逢坂誠二のネット上での情報発信は次のとおりだ。

==1==

逢坂誠二公式ホームページ:
https://ohsaka.jp/

最近、動画の更新が滞っている。
(御免なさい。)

==2==

逢坂誠二facebook
https://www.facebook.com/Seiji.Ohsaka

渡島桧山の優れものなど、
わりと柔らかい内容を発信。
(facebookに登録すれば閲覧可能。)

==3==

おおさか誠二事務所facebookページ
https://www.facebook.com/ohsaka.jimusho?fref=photo

私の行事への参加や街宣の様子などを、
主に事務所メンバーが発信。

==4==

逢坂誠二facebookページ
https://www.facebook.com/ohsakaseiji?ref_type=bookmark

政策や本など、
わりと固めの内容を発信。

==5==

徒然日記メルマガ登録:
https://ohsaka.jp/magazin.html

私が毎日発信するこの日記。

その時々の国政の課題をはじめ趣味などにも言及。
必ずしも内容が定まっておらず、いろいろなことを書いている。

これはニセコ町長時代から続けており、

1997年11月〜2005年8月までに1697回(町長室日記)、
2005年9月〜今日まで2491回(徒然日記)、

通算で4188回となる日記だ。

====

ちょっとバラバラ感があるが、
ネット上ではこんな方式で情報発信をしている。

末永くお付き合い頂ければと思う。

さあ今日も、しっかりと前進します。

============
        2014・6・18
============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。