徒然日記

7月25日 その2528『逢坂誠二の徒然日記』





函館は曇の少ない、明るい朝を迎えた。

今日も30度近くまで気温が上がる見込みだ。

都内で2日間に渡って、
9月の私の政経セミナーの案内をしてきた。

35度近い、
体が溶けてしまうかと思われるほどの激しい暑さの中で、
多くの皆さまに大変お世話になった。

さらにもう一回程度、東京で、
そして札幌でも案内に歩く予定だ。

もちろん地元でも、
多くの皆さんに案内をさせて頂いている。

1)忘れない
国会が事実上、完全な休みに入り、実に静かだ。

日本の行く末が、
大きく転換するような大ごとが次々決められているが、
その割には、静かすぎて不気味な感じすらしている。

この静けさの中で、我々は忘れてはいけない。

これまでの決められた数々のことを
絶対に忘れてはいけない。

====

閣議決定による集団的自衛権の行使容認

武器の輸出開始

特定秘密保護法

原発推進への回帰

TPPの闇雲な推進など、

忘れてはならないことが山のようにある。

====

先日、政府は、
特定秘密保護法の運用に関する素案を提示した。

素案では二つの監視機関に加え、
不適切運用に関する内部の通報制度を創設している。

しかし従前から指摘している通り監視機関に独立性はない。

政府の拡大解釈で
国民の権利が侵される懸念は払拭されていない。

24日から、
パブリックコメントを一カ月間実施し、
秋に閣議決定する方針。

パブリックコメントは以下。

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=060072401&Mode=0

2)本町市場
私の住む梁川町から
歩いて数分のところに本町市場がある。

ところがこの本町市場、最近は出店者が減るなど、
寂しい状況になっていた。

ピーク時の1970年代後半には
25店近い店舗が入っていたが、現在は9店舗。

こんな中、五稜郭・本町地区の活性化のため
「ヒトハコ市」を主催している企業「まちづくり五稜郭」と協力し、
新たな取り組みを始めることにしたという。

月末金曜祭の今日は、
ハマちゃんのタコヤキ(函館)と、
靴下ぬいぐるみを販売する店の2店と、
さらに、たかせ(七飯)、シフォンケーキこころいろ(北斗)、
パンとジャムの店山中商店(北斗)の3店舗の商品を扱うブース、
この3店が市場内に店を構えるという。

この取り組みは来年1月まで実施し、
今後さまざまな店が入れ替わり出店する予定だという。

====

大型店、チェーン店の魅力ももちろんあるのだろうが、
地域ならではの顔の見える個人店の盛衰が、
地域の本質的な元気を左右する一つの要因だ。

ヒトハコ市など新たな連携で
本町市場のような個人店の集まりが、
賑わいの核の一つになれば、こんな嬉しいことはない。

今日も朝の街宣から活動開始だ。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・7・25
============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

  1. 新聞に警察関係から反対派の情報が中部電力に流れたとありました。日本はすでに危険な国になっているんですね。
    逢坂さんもどうぞおきをつけて。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です