徒然日記

9月16日 その2581『逢坂誠二の徒然日記』(4277)




連休が終わり、
ウィークデーの始まりだ。

夜明け前の函館の空には雲が多い。

雨は降っていない。

日中は、晴れ間が広がり、
24度程度になると見込まれれる。

====

この数日間、生活リズムを見直して、
体を動かす機会を増やすよう工夫している。

その結果、
逆に疲労感が高まるようでは本末転倒だが、
少し余裕を持って、
運動の機会を増やせるよう工夫したい。

1)公文書
特定秘密保護法の施行が12月に迫っている。

目前になっている。

どう逆立ちしても、
この法律を施行させてはならない。

しかし、今の与野党の勢力図を見れば、
施行を止めることはできない。

なぜそんなに私が危機感を持つのか。

法そのものに不備があるのも事実だ。

だがそれと同様に困っていることがある。

公文書や公的情報の定義が曖昧なことだ。

ここが曖昧なまま、
秘密の範囲が不明確な法律を施行させると、
のべつ幕なしに秘密の範囲を広げることができる。

今ですら、公文書などの範囲が不明なため、
隠そうと思えば、多くの情報を隠すことができる。

その上に、秘密の範囲が不明確な
特定秘密保護法が施行されると、
さらに多くの情報を隠すことができるのだ。

今の日本に必要なのは、
秘密保護法ではなく、
権力側の情報を明確にする法律だ。

秘密よりも先に、
情報の範囲を明確にする枠組みが必要だ。

今日は下弦の月だ。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・9・16
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です