徒然日記

9月26日 その2591『逢坂誠二の徒然日記』(4286)




今朝の函館の夜明けは、5時28分。

今の気温は、16度程度か。

9月も下旬になって完全に秋の様相だ。

1)何かおかしい
菅官房長官らが、「地方創生」の実現に向け、
年内に具体的な戦略を取りまとめ、
来年度から実行に移していくなどと述べている。

一方最近は、経済対策3本の矢のうち、
成長戦略の話を全く聞かなくなった。

一体どうしたのだろうか。

成長戦略が壁に当たったから、
地方創生という新たな言葉を持ち出し、
国民の批判を逸らす戦略なのか。

成長戦略も地方創生も、簡単なものではない。

いずれのことも、
国民の歓心を買うことに力点を置くのではなく、
日本のあり方を含め、丁寧な議論が必要だ。

====

また、石破大臣は、
「地方から『一括交付金』という要請をいただいていて、
 政府の中で真剣に検討する」と述べ、
地域の実情に合わせて幅広い事業に活用できる
新たな交付金制度の創設を検討する考えを示している。

この発言にも違和感がある。

私や片山大臣が中心になって、
一括交付金である「地域自主戦略交付金」を
2011年度から実施した。

ところが自公政権への交代後、
真に地方のためになっていない等の理由によって、
それを廃止し、いわゆるひも付き補助金が復活している。

ところが今回、地方の要請にも応じ、
地方創生のため改めて一括交付金を創設するという。

じゃあの廃止は、何だったのだと言いたい。

従前の枠を取り払い、何とか風穴をあけ、
さらにそれを進化させる、
そんな思いで地域自主戦略交付金を創設した。

この背景には、相当な苦労があった。

しかし自公政権では、その制度を一気に葬り去った。
(県からの要望で、沖縄県だけは継続している。)

ところがまた、一括交付金の検討だという。

何でこんなことになるのか。

必要な仕組みであれば、政権の交代に関係なく、
存続すべきものだったのだ。

こんなことをされて困るのは、自治体の皆さんだ。

今日は朝の街宣前に
市場回りを実施する予定だ。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・9・26
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です