徒然日記

10月25日 その2670『逢坂誠二の徒然日記』(4315)




昨夕、今金町で福原賢孝道議と一緒に、
活動報告会を行った。

多くの皆さんに参加頂き開催することができ、
本当に嬉しく思う。

今回は、JA今金OBの鉢呂吉雄さんも
激励のために駆けつけてくれた。

多くの皆さんのご支援に、
心から感謝申し上げる。

そのため帰函は午前零時を過ぎたが、
今日も地元でフル回転の一日だ。

1)道州制
自民党の道州制推進本部が、
道州制推進基本法案を
事実上白紙撤回したと報じられている。

そして、新たな法案を
来年の通常国会に提出するという。

====

そもそもこの道州制推進基本法案は、
自治の形をどうしたいのか、
ハッキリせずに町村会などは、
明確に反対を掲げていた。

今回、白紙撤回するのは当然だと思う。

さらに道州制とは、いったい何なのか、
実は中身の不明確なものであり、
議論する方によって、想定している内容が随分と違っている。

だからいわゆる道州制なるもの議論は、
完全に未成熟と言わざるを得ない。

しかし今後、
また新たな法案を国会に提出をするというが、
一体何をしたいのだろうか。

私には、その意図が全く見えない。

====

道州制なるものの議論は、
もう少し落ち着いて脇に置き、
基礎自治体のあり方を考えるところから、
始めるべきだ。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2014・10・25
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。