徒然日記

10月7日 その1534『逢坂誠二の徒然日記』



夜明け前の都内、空には薄雲が広がっていますが、
スッキリとした雰囲気です。

今日の予想最高気温は23度。
昨日よりは、少し低めです。

1)過疎法
現行の過疎法は、昨年4月に改正施行されした。

この改正時に、施行後、三年を目途に、
さらに適切な措置を行う旨の決議がされています。

現在、総務部門会議を中心に、
このための準備を開始しています。

====

過疎債が新たに適用されることになったソフト事業のあり方
過疎地域内の地域振興の濃淡
大震災の影響
ハードなど過疎債メニューの適否
非過疎地域の過疎的地域の扱い
過疎地域と林業振興

====

少し漠然としていますが、
上記のようなことを中心に、
議論が開始されます。

2)冷たい
先日出席した、立食のある会合で、
挨拶を聞いている最中、
氷入りのウーロン茶のコップを持つ手が、
とても冷たく感じました。

つい先日までは、
氷入りのコップが心地良く感じたのに、
季節の移ろいは早いものです。

そうそう、都内の水道水での洗い物も、
随分と冷たく感ずるようになりました。

今日も朝から打ち合わせがスタートします。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・10・7 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です