徒然日記

1月25日 その2762『逢坂誠二の徒然日記』(4406)




いつものように朝4時に目覚めた。

イスラム国のニュースに驚く。

早速、テレビとネットに釘付けになって、
ニュースを漁る。

二人の邦人の身柄が拘束され、
この間、日本政府が何をしていたのか…、
そのことも知りたいと思うが
その情報は見当たらない。

とにかく早期、無事の解決を祈る。

====

昨日は、民主党北海道の定期大会出席のため、
朝の飛行機で札幌に向かい、夜にはJRで帰函した。

札幌は函館では想像もできないほどの積雪量だ。

大会では知事選挙に関する話題が多く出されたが、
最終的には来月中旬までに、
知事候補を選出方向が確認された。

1)定例記者会見
一昨日の定例記者会見では、
次のような話をしている。

====

1.党の役職

私の党の役職が「ネクスト総務大臣」となったこと。

担当は、
地方行政、地方税制、地方財政、
放送通信、郵政、消防、地域主権改革、地方創生などだ。

====

2. 所属委員会

総務委員会と
原子力問題調査特別委員会に属すことになった。

原子力に関する諸問題を調査するための
「原子力委員会」に所属ということで、
大間問題に真正面から取り組める。

党の配慮に感謝している。

====

3. 通常国会の課題や取り組みの方向

Ø
原子力発電所問題、
特に大間原発凍結(避難計画を中心に)

Ø
主権を侵害するおそれのあるTPPを止める

Ø
JAの皆さんの意思を尊重する農協改革への軌道修正

Ø集団的自衛権行使、武器輸出など
日本の軍事的存在感を高める方向にブレーキをかける

Ø
大企業優先のアベノミクスから
中小企業、個人事業主や庶民が潤う経済への転換
(入札契約、6次産業化、再生可能エネルギー、
エネルギー効率の高い建物への改修、地方交付税の確保…)

Ø
地域の活性化を促進する(地方創生)

Ø
国が主導する公立学校統廃合から地域主導への転換

Ø
経営者優先の労働法制
(ホワイトカラーエグゼンプションなど)の阻止

Ø
特定秘密保護法など
情報関連法制と公文書のあり方の見直し

Ø14年度補正予算、15年度本予算

====

記者会見では、こんな項目について話している。

今日は市内で街宣などの活動したのち、
明日からの通常国会に備え、
夜には上京する。

さあ今日も、しっかりと前進します。
============
        2015・1・25
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/



  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です