徒然日記

11月7日 その1565『逢坂誠二の徒然日記』



都内の朝の気温は15度程度でしょうか。

多少雲の多い朝を迎えました。
大気が若干不安定な印象を受けます。

予報は晴れ時々曇り、最高気温は22度です。

====

さすがの都内も、
最近は空気が冷たくなって
布団を抜け出すのが、
ちょっと億劫になってきます。

喉や鼻、気管支など、
呼吸器系統のトラブルにも、
気遣うわなければならない
そんな季節になってきました。

1)政策懇談会
昨日、江差町で政策懇談会を開催し、
檜山管内の首長さんと
2時間以上に渡り意見交換をしました。

4日に開催された渡島での懇談会には、
国会の都合上参加できず、
申し訳なく思っていましたが、
今回は何とかスケジュールが合い、
安堵しています。

====


国会公務員の人件費削減を
地方交付税に連動させない


医療、特に産科医師不足を解消する


道路整備、
特に冬期間の救急車の安全走行など
人の命を守る整備の促進


過疎法による地方税の特例の対象範囲の拡大


道立病院の機能強化


河川整備


消防無線デジタル移行への財政支援や期限の延長


TPP交渉への参加反対


国道227号の基準外トンネルの整備
及び道路への冠水対策


道道の整備


漁港の適切な整備


支庁長の権限問題


離島振興法の延長など離島対策の拡充


TPP反対集会に与党国会議員が来ていない


国の制度改正ともなうソフト改修費用が過大


農業基盤整備の充実


支庁再編に伴う出先人員の減


簡易水道補助金の大幅減額対策


医師が治療に専念できる法的環境整備


子宮頸癌、妊産婦検診の来年度補助額の確保

====

以上をはじめとして、
多様な論点について、
意見交換をさせて頂きました。

日常、要望等で
事務所にもおこしいただきますが、
テーマを決めずに
こうした意見交換を行うのも、
非常に意義があります。

日曜日にも関わらず、
出席頂いた皆さんに
心からお礼申し上げます。

2)アスピリン
解熱鎮痛薬として、
アスピリンは、広く使われています。

使用開始は百年ほど前で、
非常に古い薬です。

ピリンと名前が付いていますが、
いわゆる非ピリン系に分類されます。

最近このアスピリンの新たな効能に
注目が集まっています。

痴呆、癌、心筋梗塞、脳梗塞に
効果があるのではないかとのことです。

====

私も学生時代、
アスピリン(アセチルサリチル酸)の
合成をしたことがありますが、
それほど複雑じゃない物質構造で、
しかも安価です。

今になって、
この薬の新たな効能が議論されているのを見ていると、
改めて人体と薬物の不思議さを感じます。

胃粘膜を荒すなどの副作用がありますが、
アスピリンの適用範囲は、
広がりそうです。

今週は予算委員会が予定されています。
第三次補正、さらにはTPPなど、
大きな課題について、ヤマ場を迎えます。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・11・7 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です