徒然日記

11月26日 その1584『逢坂誠二の徒然日記』



今日は早朝から函館に移動を開始したため、
日記は移動中の車内で書いています。

夜明け前の都内は、
今日も雲のない冷え込んだ朝を迎えました。

函館空港に降り立つと、
気温はさらに下がって2度です。

でも天候は良く、
青空に雲がぽかぽかと浮かぶ、
この時期としては穏やかな天候です。

1)セミの死骸
一昨夜、ベランダに転がっている
セミの死骸を見つけました。

朝にはなかったものです。

冬型が強まって関東地方は、
晴れてはいますが、
気温が下がっています。

こんな寒空のもとでは、
セミは似つかわしいものではありません。

なんとも違和感があります。

さらに死骸ともなれば、
寂寞な感じがより一層深まります。

====

冷たい風に耳を赤くしながら、
しばらくの間、
蝉の死骸を眺めていました。

秋から冬へと確実に季節が動いています。

今日、北海道縦貫自動車道の
落部から森までの開通式が行われます。

念願の開通です。

また午後には、函館市の町会連合会で、
原子力発電について話をする予定です。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・11・26 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です