徒然日記

11月27日 その1585『逢坂誠二の徒然日記』



今日は久々にニセコでの朝をむかえました。

昨夜、ニセコ町役場で一緒に働いた、
Kさんの結婚披露宴に出席のためニセコに来たのです。

爽やかな良い結婚式でした。

新郎新婦、ご両親ともに、実に幸せそうな雰囲気でしたし、
出席者全員が心の底から楽しんでいる、
そんな感じが伝わる2時間でした。

Kさん、おめでとう。

1)落部・森
昨日、午後3時に道央自動車道の
落部ICから森ICまでの20.2キロが開通しました。

これに先立って、11時からテープカット、通り初め式があり、
私も函館事務所の島&小島コンビとともに参加しました。

この区間には、鷲ノ木遺跡があります。

この遺跡は、約4千年前、
縄文時代後期のストーンサークル 竪穴墓域です。

特殊な工法で掘られたトンネルが、
遺跡直下部を通っています。

舗装には、通常、石灰岩の粉末を混ぜていますが、
森IC付近の舗装には、地元名産のホタテ貝殻粉末を使っています。

色々と特徴のある20.7キロ区間です。

この区間の開通によって、
通行の利便性が増すばかりではなく、
防災上も重要な役割を果たすことが期待されます。

来年は、大沼公園ICまでの9.7キロが開通予定です。

2)原子力
昨日、函館町会連合会の研修会で、
先方からの依頼に基づいて、
原子力発電所をテーマに話をさせて頂きました。

歴史、
下北半島原子力施設の現状、
使用済み核燃料の課題、
MOX燃料の課題、
地域振興と原子力発電所、
総括原価方式などその他の課題、
今後に向けて、
以上の各点について1時間に渡って話をした後、
質疑を受けています。

====

原子力発電所問題は、極めて難しいものであり、
十分な討議が必要だと認識しています。

昨日の研修会での話を参考にして頂き、
各方面で、この問題に対する議論が深まれば
有り難く思います。

研修会に参加された皆さん、
本当に有り難うございます。

今日は函館で、各種団体との懇談会が行われます。

そのため現在、函館に移動中です。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・11・27 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/


  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です