徒然日記

8月31日 その2980 『逢坂誠二の徒然日記』(4624)



昨日、函館市内での仲間の皆さんと一緒に、
安保法制反対の街宣を終えた後、上京した。

都内では、今回周辺での10万人デモが行われた。

私は、地元街宣を優先したため
それには参加できなかったが、
デモ参加者への激励もあっての上京だ。

====

今朝の新聞各紙の扱いの差は歴然だ。

朝の時間に私が見ることのできる新聞は、
次のような状況だ。

一面と複数面:東京、毎日、朝日

社会面のみ:読売、産経、日経

新聞各紙の論調は完全に二分されている。

近年、あれほどの方々が国会周辺に集まることは珍しく、
そのことだけでもこれまでとは全く異なった事態だ。

こうした現実にあえて目を背ける雰囲気があることに、
社会の危うさを感ずる。

また朝のテレビを見ても、昨日のデモよりも、
殺人事件などの周辺情報を
繰り返し流すことに時間を費やしている。

テレビは、多くのチャンネルを
同時に見ることができないため、
軽々しく論調はできないが、
昨日の大規模なデモなどは、
なかったかのような雰囲気を感ずる

====

昨日、函館市主催の平和のつどい会場にお邪魔し、
広島原爆で、直接被爆された方の話を聞いた。

前半は太平洋戦争の戦況のような話だったが、
原爆が投下されてからの語りは、
聞くに堪えないような悲惨で残酷な内容だった。

その現場にいて、直接体験された方の話は、
迫力があって思いたいものだ。

先週金曜日から週末も地元を走り回ったが、
今日は国会での活動に切り替わる。

8月も今日で終了。

今日もしっかりと前進します。
============
      2015・8・31
============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/








  
  

皆様のコメントを受け付けております。

記事に投稿

メールアドレスが公開されることはありません。